【2021年6月最新】新しく生まれた職業を紹介!新しい職業・仕事の一覧

最近になって生まれた新しい仕事・職業をカテゴリ別で分けて紹介します。
新しい仕事や、近い未来に生まれるであろう職業を一覧で知りたい方はぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

接客・サービス業

2020年、新型コロナウイルスが世界中で流行し、接客業やサービス業で働く人の生活に悪影響を与えました。
それでも、悪影響を少しでも減らすために
「タッチレス(非接触)」
でも接客できる新しい職業や働き方が生まれています。

感染症のリスクを世界中の人が知ってしまった以上、これからは「タッチレス」の仕事が増えるのは間違いありません。

在宅ワーク

インターネットを使えば、在宅で誰でもすぐに副業ができる時代です。
毎月数千円〜数万円の収入を増やすことはネットを使えば簡単です。

在宅でできる副業でも、どんどん新しい仕事が増えています。

外食・飲食店

外食・飲食産業も接客・サービス業と同じように新型コロナによって大きな被害をこうむっています。
少しでも被害を減らすため、飲食店はネットでの通信販売や宅配デリバリーに参入しています。

確かに、デリバリービジネスはコロナによって逆に需要が増えました。
しかしデリバリービジネスは店舗ビジネスとは勝手が違うので

  • どのようにしてデリバリー販売を始めるか
  • どうやって宣伝するか
  • どうやって売り上げを伸ばすか

などの新しい悩みが生まれています。

これらの悩みを解決するために
「フードデリバリーのコンサルタント」
という仕事が生まれています。

仮想・バーチャル空間

「フォートナイト」や「あつ森」のようなサービスによって、たくさんの人が仮想空間の中に長時間滞在するようになっています。
どんな時代でも、人が集まる場所にはビジネスチャンスが生まれます。
ということは、これから仮想空間の中で新しい経済圏や職業が生まれるのは間違いありません。

自動運転・物流

車の自動運転が普及しても、ドライバーの仕事がなくなるわけではありません。
自動運転の車を遠隔で操作する仕事だって生まれています。

宇宙ビジネス

「テスラ」のイーロン・マスク。
「Amazon」のジェフ・ベゾス。
世界を代表する起業家である彼らは宇宙開発に興味津々です。
世界トップクラスの大金持ちでもある彼らによって、近い将来人類が宇宙で生活できるようになるかもしれません。
もし地中の人が当たり前のように宇宙に行くようになったら、宇宙に関わるたくさんの仕事が生まれているはずです。

環境ビジネス

SDGs(持続可能な開発目標)に注目が集まっており、SDGsに関する新しい職業「SDGsコンサルタント」という仕事が増えているようです。

世界経済フォーラムは、2025年までにSDGsコンサルタントのような
「グリーン・エコノミー」
に関連する仕事が増える、と予測しています。
これからの時代に必要な仕事になるかもしれないので、今のうちから環境やエネルギーに関する知識を身につけておくと後で役に立つかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました