在宅バイト「アノテーション」の求人募集を探す方法

アノテーションのバイトは在宅で、好きな時間に働けます。
さらに、地方に住んでいても東京や海外から仕事をもらえるという特徴があります。

この記事ではアノテーションの求人に応募したいとき、どのように求人を探せばいいかを説明します。
アノテーションのバイトをしてみたい、と考えている方はぜひ読んでください。

スポンサーリンク

アノテーション(アノテーター)の求人の見つけ方

もしあなたがアノテーションのアルバイトを探しているなら、以下の3つの方法がおすすめです。

  • 企業が出している求人に直接応募
  • クラウドソーシングサイトで探す
  • 内職・副業情報サイトで探す

それぞれ説明します。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
アノテーションの仕事をする人は「アノテーター」と呼ばれることもあります。

企業が出している求人に直接応募

インターネットをつかい

  • アノテーション 求人
  • アノテーター 求人

などの言葉で検索すると、アノテーションの求人募集を出している企業のホームページが表示されることがあります。
ここから直接アノテーションの求人の応募できます。

ただ、この方法で企業に直接応募するときは信頼できそうな企業の募集のみに応募してください。
もし知らない会社の求人に応募するなら、応募前に会社の評判をかならずチェックしておきましょう。
なぜなら、アノテーションのような副業系のバイトには応募者が多く、その人気を悪用する詐欺などがあるからです。
応募する前に会社の評判をネットでチェックすれば、危険なバイトにぶつかる確率をかなり下げられます。

企業の求人に直接応募する方法だと、超人気企業でアルバイトができる可能性もあります。
有名どころだと、あのアマゾンも過去にアノテーションの求人をだしていたようです。
Alexaの音声を聞いてテキスト化するスタッフ、日本のAmazonも募集中 在宅勤務、時給1300円

アマゾンのような優良企業で働けるのはおおきなチャンスです。
もしこのような求人を見つけたら、すぐに応募しましょう。

クラウドソーシングサイトで探す

クラウドソーシングは求人情報サイトの一種で、副業探しなどにも使えます。
クラウドソーシングサイトでもアノテーションの求人を見つけることができます。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
クラウドソーシングはライターなど、在宅でもできる執筆系の仕事が多いことでも有名です。

企業に直接応募するとの比べると、クラウドソーシング会社が仲介してくれるので安全性が高いという特徴があります。

クラウドソーシングといえば

などが有名ですが

  • アノテーション
  • アノテーター

などの言葉で仕事を検索してみたところ、どちらのサイトでもアノテーションの求人が引っかかりました。

タイミングなどもありますが、クラウドソーシングを定期的にチェックすればアノテーションの仕事ができそうですね。

クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」

クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」

内職・副業情報サイトで探す

アノテーションは在宅でバイトできるということもあり、内職や副業情報サイトで求人を探すこともできます。
なかでも

などのサービスはアノテーションの求人に力を入れているようです。

内職市場はサイト内で「人気作業ランキングBest7」を発表しています。
ここで
「AI関連アノテーション作業」
が6位に入っています。
内職市場なら高い確率でアノテーションの仕事ができそうですね。

在宅バイト「アノテーション」の求人募集を探す方法

SNSの募集は詐欺などの場合もある

アノテーションの求人を探す方法を紹介しましたが、おすすめできない方法も紹介しておきます。
アノテーションの求人を探す方法として、SNSはおすすめしません。

将来的には

  • Twitter
  • LINE
  • youtube

などのSNSでもアノテーションの求人が見つかるかもしれません。

けれど、なかには詐欺のような求人もたくさん出てくるはずです。
なので、安全のことを考えるとSNSでアノテーションの仕事を探すことはおすすめできません。

アノテーションという言葉を使わない求人募集もある

「アノテーション」は新しい職業ですし、日本人には馴染みがない言葉です。
そのせいか企業が求人募集をするとき、日本人に馴染みがある別の言葉で募集をかけていることがあります。

このようなアノテーションの求人を探すのは難しいですが、求人情報サイトやクラウドソーシングで

  • ラベリング・ラベル付け
  • タグ付け
  • データの入力・整理
  • カテゴリ分類

などの言葉で検索すると、結果的にアノテーションの求人が見つかることがあります。

ただ、これらの求人がすべてのアノテーションの仕事ではありません。
もしアノテーションらしき求人を見つけたら、応募するときに素直に

  • 人工知能のアノテーションの仕事ですか?
  • これはAIのアノテーターの募集ですか?

と質問してみましょう。
このような質問をしておけば、アノテーション以外の仕事に応募してしまうのを防げます。

アノテーションの求人募集はこれから増加する

AI関連の市場はこれからどんどん伸びるでしょう。
それにつれてアノテーション市場も伸びると予測されていて、市場規模は2,800億円になるという報道もあります[1]日本経済新聞:AI導く「教師」 世界で急増
アノテーション市場が伸びると、おそらくアノテーションの求人募集もどんどん増えます。

アノテーション自体は安全な仕事ですし、きちんとした会社から仕事をもらえばリスクなく確実に稼ぐことができます。
この記事で紹介した方法なら安全ですので、ぜひアノテーションの求人を探してください。

引用・脚注

引用・脚注
1 日本経済新聞:AI導く「教師」 世界で急増

コメント

タイトルとURLをコピーしました