エンジェル投資家とはどんな投資家なのかを初心者向けに解説

2017年8月。
サッカー選手の本田圭佑さんは株式会社マクアケに累計で約2400万円を投資しました[1]Makuake:「KSK Angel Fund」による株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングへの出資について

投資とはマクアケの株を買った、ということです。
その後、マクアケは成長して2019年12月に株式を上場。
このとき、本田圭佑さんが出資した2400万円は数十億円の価値になっていました[2]EDINET:株式会社マクアケ有価証券届出書
たった2年数ヶ月で、約2400万円が数十倍以上に増えたのです。

この投資は普通の株式投資によるものではありません。
「エンジェル投資」と呼ばれる投資方法によるものです。

本田さんのようなエンジェル投資をする投資家は
「エンジェル投資家」
と呼ばれます。
本田さんはサッカー選手という顔だけでなく、エンジェル投資家という顔も持っているのです。

エンジェル投資家はどんな投資家なのでしょうか?
ふつうに働く会社員でもエンジェル投資家になれるのでしょうか?
この記事ではエンジェル投資家とは何かを初心者向けに解説します。

スポンサーリンク

エンジェル投資家とは?

とてもシンプルに言うと、エンジェル投資家とは
「会社に投資する個人投資家」
のことです。[3]本田圭佑さんの場合は個人が所有する投資ファンドである「KSK Angel Fund」からマクアケに出資しています。

エンジェル投資家については少しづつ説明していくので、まずは
「エンジェル投資家は会社に投資する個人投資家のこと」
これだけ知っておいてもらえれば大丈夫です。

普通の会社員でもエンジェル投資家になれる

本田圭佑さんのようなエンジェル投資の成功事例はたくさんあります。
マクアケに関してはあの市川海老蔵さんも投資していて、もちろん投資は大成功。[4]Makuake:市川海老蔵氏による株式会社マクアケへの出資について

ここまで読んで
「そんな投資ができるのは有名人や大金持ちだけじゃないの?」
こんな風に思っていませんか?

結論を言うと、それは勘違いです。
ふつうの会社員でも、すぐにエンジェル投資家になれます。

それに、エンジェル投資家がすることは特殊なことではありません。
誰にでもできることばかりです。

次はエンジェル投資家が普段どんなことをしているかを紹介します。

「エンジェル投資家」はどんなことをする?

エンジェル投資家がすることは大きく二つに分けられます。

  • 投資する
  • 応援・サポートする

基本的は、たったこれだけなのですね。
それぞれ説明します。

エンジェル投資家がすること

どんな会社にどんな風に投資する?

エンジェル投資家は企業つまり株式会社に投資します。
けれど、やみくもに投資する訳ではありません。

エンジェル投資家の投資先にはざっくりとした条件があります。
それは

  • 株式を上場していない未上場の企業
  • 創業からそれほど時間が経っていない企業

このふたつです。

だいたいのエンジェル投資家はこの両方に当てはまる企業に投資します。
結果的に、いわゆる「ベンチャー企業」や「スタートアップ」と呼ばれる会社が投資先になることがほとんとです。
本田圭佑さんがマクアケに初めて出資したとき、マクアケは創業から3年数ヶ月しか経っていない会社でした[5]株式会社マクアケ有価証券届出書によると、本田圭佑さんがマクアケにはじめて出資したのは2016年12月1日です。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
「未上場の企業」とは、東京証券取引所などの市場に上場していない会社のことです。
ちなみに日本の上場企業の数は4000社未満なのに対し、上場していない会社は225万社もあります[6]国税庁:標本調査結果[7]JPX:上場会社数・上場株式数

エンジェル投資家が投資先と知り合う方法

ここまで読んで
「そんな会社と知り合う機会なんて無いよ・・・」
と思っても心配いりません。
会社とエンジェル投資家をマッチングをしてくれるサービスがあります。

出会いを求める男女が使うマッチングアプリがありますよね?
あれと同じような、出会いを求める会社と投資家向けのマッチングサイトもあるのです。

エンジェル投資家マッチングサイトの利用イメージ

マッチングサイトへの登録はもちろん無料です。
いちどマッチングサイトに登録したらあとは簡単。
具体的に言うと

  • 投資したい会社を選ぶ
  • 金額を決めて投資する

することはこれだけです。
投資したら、あとは待つだけです。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
エンジェル投資家向けのマッチングサイトにも色々なものがあります。
けれど、投資のリスクや手間を考えるとおすすめできるのは
「株式投資型クラウドファンディング」
呼ばれるマッチングサイトのみです。

【エンジェル投資のリスク】いちど株を買ったら簡単には売れない

投資をする、ということは
「投資先の株を買う」
ということです。

だから普通の株式投資と同じで、株価が値下がりするリスクがあります。
他にも、注意すべきことがあります。

エンジェル投資で買った株式は上場企業の株式のように市場で簡単には売ることできません。
これはエンジェル投資のデメリットだと考えられます。
「値下がりしたから売っちゃおう!」
ということが難しいのですね。

しかし、これには良い面もあります。
株価の値上がりに一喜一憂することがないので、メリットだと捉えることもできます。
仕事で忙しい人が株価の値上がりに一喜一憂してたら仕事に悪影響がありますからね。

自分に合う方法で応援・サポートする

ここまでエンジェル投資家がすることのうち

「投資する」
について説明したので、つぎは
応援・サポートする」
について説明します。

冒頭で紹介したマクアケは大成功し、エンジェル投資家たちが出資したお金は増えました。
では投資先が倒産したとき、投資したお金はどうなるのでしょうか。
最悪のケースでは0円になります。

せっかく投資したお金が減るどころかゼロになったら嫌ですよね。
だから投資家はエンジェル投資した会社を応援・サポートします。

といっても方法はさまざまです。
例をあげると

  • 役に立つ情報を提供
  • 優秀な人材の紹介
  • サービスの宣伝

などで、投資先を後押しします。

けど投資したからと言ってかならず応援しないといけない、というものではありません。
何かをする、しないは投資家の自由です。

それでも、サービスの宣伝ならできそうだと思いませんか?
あなたのSNSで、投資先の会社の製品・サービスを紹介するだけでも宣伝になります。
これなら仕事の合間や帰宅した後でもできそうですよね。
普通の会社員でも、投資先を応援することはできるのです。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
エンジェル投資家としても知られているメルカリの取締役会長の小泉さんは投資先に行ってお菓子を配った、なんて話を聞いたことがあります。
これも立派な応援ですよね。

あのGAFAもエンジェル投資家から投資されていた

すこし話がそれますが、豆知識を紹介します。

GAFA(ガーファ)という言葉がありますよね。
GAFAとは

  • Google
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon

この4つ社名の頭文字をとったものです。

この4社はすべて創業まもないタイミングでエンジェル投資家に投資してもらっています。
もちろん、GAFAに投資できたエンジェル投資家たちはそのあと莫大なお金を手に入れました。

もしエンジェル投資家がいなかったら、この世界にはGoogleやiPhoneがなかったかもしれません。

会社員のエンジェル投資家はどんどん増えている

ここまで読んでも
「会社員でエンジェル投資家になる人は少ないだろう」
こう思うかもしれませんね。
しかし、現実として
「エンジェル投資家になりたい!」
と思う人は増えています。

ファンディーノ
という、企業とエンジェル投資家をマッチングするサイト(株式投資型クラウドファンディング)があります。
このサービスが以下のように発表しています[8]PRTIME:株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」累計成約額40億円、登録ユーザー数は5万人を突破

当社2020年の会計年度において、FUNDINNOの投資家登録は昨年比約4.9倍の28,294人になりました。

引用元:株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」累計成約額40億円、登録ユーザー数は5万人を突破

登録しているエンジェル投資家がたった一年間で約5倍に増えているのです。
本田圭佑さんや市川海老蔵さんの影響が強いとはいえ、この増え方は普通ではありません。

ファンディーノ公式サイト

普通の会社員でもエンジェル投資で世界を良くできる

冒頭で紹介した本田圭佑さんは、エンジェル投資をはじめたきっかけを以下のように語っています。

ベンチャー投資を通じて、社会課題を解決したり、(子供の貧困を助けたり)世界的に成功するような企業に投資できたらな、と。そういう思いで(エンジェルを)始めたのが3年前です

引用元:本田圭佑が開発者に熱く語った50分「僕がエンジェル投資家をする理由」【de:code2019】

すこし前までは、普通の会社員が

  • 社会問題を解決したい
  • 貧困をなくしたい

と思ったら起業するか寄付するくらいしか選択肢はありませんでした。
しかし、今はエンジェル投資をして自分と同じ思いをもつ人・企業を直接応援できます。
それに、もし投資先が成功したら投資したお金が増えて返ってくることもあるのです。

当サイトは、働きながらエンジェル投資家になりたい人を情報配信という形で応援します。
サイトの管理人の私もエンジェル投資にチャレンジします。

もし当サイトの記事を読み
「私でもエンジェル投資家になれそうだな・・・」
と思ったら、ぜひ一緒にエンジェル投資に挑戦してください。

よくある質問

Q1:本当に会社員でもエンジェル投資家になれるの?

はい、会社員でもエンジェル投資家になれます。
ただ、株式投資型クラウドファンディングが定める条件をクリアしないと投資はできません。
具体的には年齢(20歳以上かどうか)、金融資産の額、反社会的勢力に該当していないかなどが審査されます。

Q2:株式投資型クラウドファンディングを使うといくらから投資できる?

エンジェル投資家を募集している企業によって投資できる最低金額は違います。
それでもだいたい1社あたり数万円〜10万円あれば投資できます。
ちなみに、投資家保護のため1社に投資できるのは1年あたり50万円までと法律で定められています。

Q3:エンジェル投資したら配当や株主優待はもらえる?

投資家が配当や株主優待をもらえるかどうかは投資先の企業の方針によります。
なかにはユニークな株主優待を用意している企業もあります。
ただエンジェル投資家を募集している会社は、得た資金を企業の成長に使いたいと考えていることがほとんどです。
だから配当や株主優待は期待しない方が良いのでは、という風に思います。

Q4:みんな本田圭佑さんみたいに儲かるの?

エンジェル投資は基本的にはハイリスク・ハイリターンです。
マクアケに投資した本田圭佑さんは「大成功」に分類される事例です。
エンジェル投資の成功・失敗は運やタイミングに大きく左右されます。
だから安定した利益を求めるのは難しいです。

Q5:よく聞く「未公開株詐欺」とは違うの?

未公開株詐欺の場合、詐欺の「エサ」として上場していない企業の株が使われます。
けれど、じっさい売買されることはまずありません。
エンジェル投資の場合はじっさいに株を売買しています。
それに、株式投資型クラウドファンディングは金融庁が管轄しているので詐欺などの被害に遭う確率はとても低いです。

引用・脚注

この記事を執筆した人
南研吾

仕事についての悩み・不安・問題を解決できる、信頼性の高い情報を発信してみなさんの役に立ちたいと考えています。
仕事で悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです。

南研吾をフォローする
職業
スポンサーリンク
Well-woking

コメント

タイトルとURLをコピーしました