【2020年マイクロソフト発表】2025年までに需要が増えるテクノロジー分野の仕事

「2025年までに、世界中でテクノロジー系の新しい雇用が1億4900万人分生まれる」
これは、マイクロソフトが2020年に発表した情報です[1]Microsoft:Microsoft launches next stage of skills initiative after helping 30 million people

マイクロソフトは具体的に、どんなテクノロジー系の仕事でどれくらいの需要が生まれるかも発表しています。
需要が増える仕事やスキルを知っていれば、いまから未来に備えることも可能です。

これから需要が増える仕事を知りたい方はぜひ記事を読んでください。

スポンサーリンク

どの仕事がどれくらい需要が増えるのか?

マイクロソフトが発表した

  • これからどんなテクノロジー系の仕事で
  • どれくらいの数の求人が生まれるか

この情報をグラフにまとめたので見てください。

2025年までに新しく生まれる1億4900万人分の仕事の内訳

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
「クラウド技術」のところですが、英語では「Cloud and data roles」となっています。
おなじく「プライバシー保護」のところですが、英語では「privacy and trust」となっています。
翻訳が間違えていたら申し訳ありません。

こんな感じで、もっとも増えると予測されているのはソフトウェアの開発者です。
日本ではいわゆる

  • システムエンジニア・ITエンジニア
  • プログラマー

などと呼ばれる仕事ですね。

ここ最近プログラミングスクールが大人気です。
これは、将来テクノロジー系のスキルのニーズが高まることをみんな見越してのことだと思います。

ほかにも人工知能のような、データを扱う仕事の求人も2,000万人も増える見込みです。
人工知能やデータサイエンスに関連するスキルも将来性がとても高いと言えそうですね。

変わったところだと、サイバーセキュリティ分野でしょうか。
世界全体とはいえ600万人もの新しい雇用が生まれる見込みです。

  • 家具や車などがインターネットでつながるIot化の進行
  • 急速なDX(デジタル・トランスフォーメーション)の進行
  • サイバーテロの増加

などにより、しばらく供給(スキルを持つ人の数)よりも需要(求人数)が上回りそうですね。

マイクロソフトは下のグラフも発表しています。

2020年から2025年までのテクノロジー系の新しい雇用数の推移

2020年から2025年までのテクノロジー系の新しい雇用数の推移 マイクロソフトのサイトから引用

これは2020年から2025年にかけて、どんなペースでテクノロジー系の雇用が増えるかを表したものです。
2023年あたりから加速的にテクノロジー系の求人が増えることがわかります。
今のうちからは2・3年後に備えてスキルを身につけておくと、のちのち就職や昇給が楽になるかもしれません。

逆に減っているはどんな仕事なのか?

まずはどんな仕事がこれから増えるかを紹介しました。
マイクロソフトは1968年から2017年にかけて、どんな仕事が減ったかについてもデータで公開してくれています。
こちらもグラフがあるので見てください。

これまでどんな仕事が減ったかについてのデータ

これまでどんな仕事が減ったかについてのデータ マイクロソフトのサイトから引用

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
このデータはアメリカのデータですが、日本でも傾向としては似たようなものになるはずです。

水色の線は
「認知能力が求められる、単純作業ではない仕事の数」
の推移をあらわしています。
オレンジ色の線は
「認知能力が求められない、単純作業の仕事の数」
の推移をあらわしています。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
「認知能力」とは、考えたり、推測したり、注意したりする能力のことです。
高い思考力が必要な仕事、とも言えます。

グラフを見ると、2000年を過ぎたあたりから水色とオレンジ色が逆転していることがわかります。
つまり単純作業の仕事が減り、複雑な思考を必要とする仕事が増えているのです。
このグラフは2017年までのデータしか反映されていません。
2018年以降、オレンジ色の線はどうなっているでしょうか?

客観的に考えると、良くても横ばい、という感じでしょうか。
AIやロボットによる自動化や無人化の流れを見ると、これから単純作業の仕事が増えるとは思えません。

サイト管理人 南研吾
サイト管理人 南研吾
ちなみに、新しく雇用が増えていくテクノロジー系の仕事の大半は水色の線、つまり認知能力が求められる仕事に分類されます。

2030年までに8億人が新たなスキルを身につける必要に迫られる

「2030年までに8億人が新たなスキルを身につける必要に迫られるだろう」
これは、マイクロソフトのCEOサティア・ナデラ氏の発言です。

Microsoft CEO Satya Nadella announces initiative helping job-seekers in the Covid-19 economy

いまはテクノロジーの時代です。
そして、テクノロジーの進化はとても早いです。
適応するため、人は学び続ける必要があります。

これからは
「学んでいる人でないと仕事で必要とされない。」
こんな時代になるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました